FAQ 気になること、なんでもお答えします。

Q1
お湯を作るんじゃないの?
A1 いいえ違います電気を作ります。  
太陽エネルギー利用というと、太陽熱利用の温水器といったイメージが強いようですが、光と熱の利用法があります。
発電した電気は、今お使いの電気と同じ様に、ご家庭の照明器具や家電製品などに使われます。

△上へ

Q2
自宅が発電所になるって本当?
A2 はい、本当です。  
電力会社と契約すれば、あなたの家が発電所となります。
電気をご家庭で自給し、余った電気は電力会社に買い取ってもらう事ができます。
買い取ってもらった電気は、電力会社の電気としてご近所で使用されます。

△上へ

Q3
曇りの日が続いたら、電気が使えなくなるんですか?
A3 いいえ、使えます。  
太陽が出ていれば発電しますが、曇ってしまうと、あまり発電出来なくなります。
そういった時は不足分の電気を電力会社から買って使います。

△上へ

Q4
余った電気は売ることが出来ると聞いたのですが..?
A4 はい、出来ます。  
皆さんが電力会社に支払っている電気代より高い単価で買い取ってもらえます。電気の売り・買いのシステムは自動的に行われますので、面倒な事はありません。

△上へ

Q5
どのくらい電気が作れるの?
A5 太陽電池容量 1kWシステム当たり、年間約1,100kWh発電します。  
(太陽電池容量3kWシステムで換算)
発電量は、東京地区で太陽電池を水平に対して30度傾け、真南に向けて設置した場合の計算例です。
(地域や太陽電池の方位、傾斜角度により発電量が変わります)
「太陽電池容量は、JIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュール出力の合計値です。
実使用時の発電量 は日射強度、設置条件(方位・角度・日陰などの周辺環境)、地域差及び温度条件などにより異なり、最大でも太陽電池容量 の80~90%です。

△上へ

Q6
どんな物を設置するの?
A6 太陽電池パネルと電流変換機器などを設置します。(下図参照)  

太陽電池
太陽の光を電気に変えます。屋根等、「太陽光線」がよく当たる場所に設置します。
パワーコンディショナ
太陽電池で発電した電気は直流です。これを電力会社の電気と同じ交流の電気に変換し、分電盤に送ります
電力量計
普通の電力量計の他に、買電用の電力量計を設置します。 平均的な4人家族での消費電力は、年間4,482kWh*の為、3kWシステムを設置すれば、7割程度を太陽光発電でまかなう事ができます。
*住環境計画研究所「家庭エネルギー統計年報」1996年度版による

△上へ

Q7
太陽電池モジュール面積と重さはどのくらい?
A7 面積約40~50㎡で550kg程度です。(太陽電池容量:5kWシステム例)  
太陽電池容量 5kWシステムで設置面積は、約40~50㎡で、重さは、太陽電池400kgと設置部材(傾斜屋根用)が約150kg程度です。
1平方メートル当たり、わずか15kg程度です。
屋根が大丈夫かと、ご心配される方がおいでになりますが、この重量負荷は約7~8cmの積雪荷重と同等と見なされます。 それが、屋根の一部に掛かるだけと言うことです。ほとんどの場合で問題はありません。
商品及び設置方法により異なりますので、詳しくは営業窓口へお問い合せ下さい。お問い合わせは こちらへ

△上へ

Q8
住宅用の設置費用はどの位かかるのですか?
A8 設置方法により違いがありますが、概算金額は以下の通りです。  

ほとんどの販売業者が、下記のようなコメントで具体的にいくら掛かるとは明示しません。
高額になるため、営業に不利になると考えているためです。
これでは、いけませんね。高額でもメリットがあることを説明して納得頂くのが、私どもの義務だと考えております。

【通常のコメント】:
太陽光発電システムは、機器一式、設置架台、電気・設置工事費、諸申請等の費用がかかりますが、設置方法により費用が違いますので、営業窓口へお問い合せ下さい。

【当社の回答】(一般住宅の場合):
目安は、システムの定格出力1kW 当たり、18~25万円が上限とお考え下さい。屋根の構造や材料によって大きく変動します。
具体的には、3kWシステムなら、65万円、4kWシステムなら85万円、5kWシステムなら95万円程度が当社の標準提供価格です。
これ以上の価格で販売業者から提案されているお客様は、ぜひ弊社の提案をお受け下さい。
既築の建物に設置するより、新築時に設置する方が割高になりますが、その分、見栄えや使い勝手などは良いモノになります。
弊社で設置した住宅用の平均的な出力容量は、4.5kw程度です。この容量なら一般的な4人家族の使用する電力量をほとんどまかなうことができます。
但し、太陽電池の製造メーカーにより2割ほど高くなるケースもあります。すべてではありませんが、値段が高いけど、効率も高い製品もあります。
設置面積や諸条件に応じて、モジュールを選択する必要がありますね。 主な価格構成は以下の通りです。

  • 太陽電池モジュール:  35%
  • パワーコンディショナー:15%
  • 取付架台(または金具): 10%
  • ケーブル、他の資材:   5%
  • 工事費用:       25%
  • 設計・手続・諸経費:  10%


費用が異なる主な理由は、設置方法などによります。
  1. メーカーによる製品自体の相違
  2. 屋根の形状の複雑度。工事のしやすさ。
  3. 屋根形状が傾斜屋根と平らな陸屋根の場合、及び和洋瓦か、カラーベスト材等の仕様の異なる屋根に設置する場合、取付架台や設置工事費が異なります。
  4. 屋根の改修、防水工事の有無。
  5. 屋根葺き材方式(建材一体型)の太陽電池を利用する場合。
  6. 電気工事では、電力会社からの引込み線が単相100V 3線式で無い場合は、分電盤の取替え等が必要です。
地面設置用や、大規模システムは、1kWシステム当たりのコストは15~20万円(規模によって異なる)程度となっています。
(いずれも2020年現在の弊社標準値です)

△上へ

Q9
設置すると補助金が出るって本当?
A9 国の補助金は予定無しですが、各自治体ではあるところも  
2013年度まで、経済産業省により1kWあたり1.5万円~2万円の補助事業が実施されていましたが、2015年度以降は実施されていません。
10kW以下の太陽光発電システムを設置した場合、余った電力を電力会社に売電できる「固定価格買取制度」は実施されていて、2020年度は発電した電気1kWhあたり21円で売ることができます。(出力制御対応機器設置義務なしの場合)
2020年度の各都道府県、市区町村の補助金については、こちらをご覧下さい。

△上へ

Q10
システムの寿命はどの位ですか?
A10 耐用年数は30年以上と考えています。  
太陽光発電システムのうち、太陽電池部分には駆動部分がないため、消耗品がありません。
太陽光発電システムは、自動運転のため、始動・停止などの操作は全く必要ありません。
SHARPでは1966年に尾上島灯台に設置した太陽電池パネルが、なんの故障もなく稼動している実績があります。
パワーコンディショナーは、10~15年で取り替える必要があります。

△上へ

Q11
太陽光発電は、本当に環境にやさしいの?
A11 太陽の光を直接電気に変えるので、地球温暖化現象の原因であるCO2(二酸化炭素)SOx(硫黄酸化物)、NOx(窒素酸化物)等の排気ガスの心配もなく、もちろん振動・騒音もありません。  
CO2の削減効果は1kWシステム当たり年間で約180kg,原油削減量 は1kWシステム当たり年間で243リットルです。
(出典:公共・産業用太陽光発電システム(太陽光発電協会))

また、太陽電池等を製造・運用・廃棄する際に要するエネルギーを太陽光発電が年間発生するエネルギーで回収する期間(エネルギーペイバックタイム)は約1.5~2年程度です。
太陽電池の耐用年数は一般的に20年以上とされていますので、投入エネルギーを回収したあとも、更にエネルギーが得られます。

△上へ

Q12
停電しても電気を使えるの?
A12 昼間天気が良ければ、ある程度の電気を使用することが出来ます。  
自立運転機能付きのパワーコンディショナを使用している場合は、昼間、太陽電池が発電している間は、非常用電源として使用する事ができます。
しかし、使用できる電気量には、限りがありますので注意が必要です。
(注:使用できる電気量は、パワーコンディショナの取扱い説明書に記載されています。)
また、蓄電池を併用すれば、停電時の夜でも使用することができます。